横浜市スポーツ医科学センター

  • アクセス
  • Q&A
  • リンク集
  • 文字サイズ A A A
  • お電話でのご予約・お問合わせは045-477-5050

スポーツ版人間ドック SPS(スポーツプログラムサービス) / Sports Program Service

こんな人にスポーツ版人間ドックを受けて欲しい!(スタッフより)

仕事、家事、育児と大忙し!運動不足になりがちな30代~50代の皆さん!

1年に1回でいいんです。 何とか時間を作ってスポーツ版人間ドックにお越しください。

運動不足が続くと、肥満や内臓脂肪の蓄積、筋力の低下が気づかないうちに進んでいきます。
肥満や内臓脂肪の蓄積は、心臓病や脳血管疾患などを引き起こす原因になります。筋力の低下は、身体を支えたり動かしたりする機能を低下させ、将来、要介護や寝たきりになる危険性を高めます。

そうなる前に、1年に1回、健康状態や体力をチェックしましょう!

【脚筋力の測定器と今川科学員】 

「当センター開館以来、18年間、お客様の健康と体力を見守って参りました。」

若い頃はバリバリのスポーツマン・スポーツウーマン!でも今の体力は・・・?

学生時代はスポーツばかりの毎日だった。
でも今はほとんど運動していない。
また、何か運動を始めてみようかな・・・。

その前に、今の身体がどのくらい動けるのかチェックしましょう!若い頃の感覚のまま運動を始めて、怪我をすることがないように、実際の体力レベルを調べてみましょう!

スポーツマン・スポーツウーマンの復活!に、お力添えできるよう準備してお待ちしています!

【測定データを分析する吉久科学員】

「主にプロやジュニア選手の体力測定を担当しています。」

運動する上で不安なこと、何でもご相談ください!

当センターのスポーツ版人間ドックは、
各種検査や充実した体力測定を実施するだけで終わらず、
お客様と一緒に結果を見ながら個別に相談するところがポイントです!

何の運動をしたらいいのか分からない・・・
運動中にこんなことに困っている・・・   など

何でも相談に乗りますので、ぜひ一度受診してみてください。
あなたに合った運動プログラムを見つけていきましょう!

【個別相談中の小野科学員】

「全ての結果を一緒に見ながらお客様と1対1でお話をします。 」