横浜市スポーツ医科学センター

  • アクセス
  • Q&A
  • リンク集
  • 文字サイズ A A A
  • お電話でのご予約・お問合わせは045-477-5050

生活習慣病予防検診 / Lifestyle Disease Prevention

この機会に是非、血液検査をして、血液の状態を調べてみませんか。

  • 対象:16歳以上 ※ただし、生活習慣病で通院されている方はお受けできません。
  • 料金:2,000円(税別)
  • 申込方法:電話又は来館にて事前に予約(TEL:045-477-5050)

お申込みから結果説明までの流れ

  1. 事前予約(電話又は来館)
  2. 検診当日、朝食を抜いた状態で、午前9時にスポーツ医科学センター集合 ※前日の午後9時以降は食事を摂らないでください。ただし、水は構いません。
  3. 採決及び測定(身長、体重、体脂肪率、血圧)
  4. 検査結果が出た後、内科医による診察と結果説明

チェック項目とねらい

血液検査 尿酸 アルコール過多で増加します。
高値、変動が大きいと通風を発症することがあります。
HDL コレステロール 善玉コレステロールで、動脈硬化を抑制します。
LDL コレステロール 悪玉コレステロールで、動脈硬化を進めます。
中性脂肪 アルコールやカロリー過多で増加します。
コレステロールとともに動脈硬化を進めます。
血糖 糖尿病を調べます。
γ-GTP 胆道系の異常、肝障害を意味します。
また、過栄養性脂肪肝、アルコール肝障害を反映します。
ヘモグロビンA1c 約2ヶ月間の血糖の変動を表します。
糖尿病の発見と経過を見るための検査です。
身長・体重 自分の身長を把握しておくことは、適正な体重と比べ自分がどうであるかを見る時に重要なものとなります。体重測定は、毎日同じ条件で行いましょう(起床時、排尿後がよい)。
体脂肪率 全体重のうち、体脂肪が占める重さの割合を計ります。
割合が高いと、生活習慣病になりやすくなります。
血圧測定 循環器系検査の基礎になります。特に、高血圧は動脈硬化に伴って起こる脳卒中や心臓病の重要な危険因子となるため、血圧はこれらの病気を予防する上で重要な指針になります。
診察・結果説明 診察と上記チェック項目から、医師が血液検査の結果説明を行います。